ヨガと言えば、自宅やスタジオなど室内でするもの、というイメージが強いかもしれません。でも実は、野外でヨガをする「外ヨガ」も一般的になってきているんです。ヨガウェアなどの薄着で外ヨガをしても寒くない夏には、特に「外ヨガ」のイベントが多くなります。室内ヨガとはちょっと違った雰囲気のある「外ヨガ」の魅力や注意点をご紹介します。

1.外ヨガとは?

外ヨガとは

外ヨガとは、公園やビーチなど野外で行うヨガのことです。毎日レッスンがあるスタジオのヨガと違い、単発や定期的なイベントとして行われることが多いのが特徴です。ほとんどの外ヨガイベントは、ヨガの経験がなくても参加できます。スタジオのヨガと違い、会員にならなくても参加できるため、お試しでヨガをしてみたい人にもぴったりです。
公園で行うヨガは「パークヨガ」、ビーチで行うヨガは「ビーチヨガ」とも呼ばれています。公園やビーチ以外でも、川沿いやスタジアムなど、さまざまな場所、さまざまな時間帯で外ヨガイベントが開かれています。

2.外ヨガのメリット

外ヨガのメリットや効果

気分転換になる

スタジオでのヨガでは、窓を閉め切って、外からの音や光をシャットアウトして行うことが一般的。自宅でヨガをしている人も、集中力を保つために、外の景色を見えないようにすることが多いのではないでしょうか。たしかに集中力は大切ですが、いつも同じ環境でヨガをするとマンネリ化してしまうかもしれません。
外ヨガでは、音や光をシャットアウトするものがありません。自然の中に自分を置き、周りと一体化する感覚を味わうことができます。外からの刺激があるのに、不思議と集中できてしまいます。室内ヨガに飽きてしまったという人や、いつもと違う感覚を味わいたい人に外ヨガはおすすめなのです。

高いリラックス効果が得られる

公園やビーチなど、自然の中で行うことが多い外ヨガには、リラックス効果もあります。鳥の声や波の音をのんびり聞くことは、それだけで心がゆるむもの。さらにヨガで体を動かすことで、過去でも未来でもない「今」に集中することができ、より深いリラックス効果を得ることができるのです。未経験者が多い外ヨガでは、ポーズをしっかり取ることよりもリラックスすることが優先されます。ポーズの指導も厳しくなく、「ちゃんとポーズを取らなくちゃ」というプレッシャーもありませんよ。

地球との一体感を強く感じられる

ヨガでは、床と接している部分から地面に向かって根が生えたような感覚をもつことが大切です。これを「グラウンディング」と言いますが、グラウンディングすることで集中力やポーズの安定感が増すのです。室内ヨガでは、実際に体が接している「床」と、地球の「地面」との間に隔たりがあるため、グラウンディングには慣れが必要です。一方外ヨガでは、体と地面と隔てるものはヨガマットやタオルだけ。地面の感覚を直に感じることができるので、グラウンディングが容易になります。体にも力が入りやすくなり、地球との一体感をより強く感じられます。

ヨガ仲間ができる

ヨガスクールでは、スタジオ内の私語を禁止しているところもあります。そうでなくても、ヨガスタジオはヨガをする場所、と割り切っている人も多いため、ヨガ仲間を作ることは難しいかもしれません。
外ヨガでは、スクールよりもオープンな雰囲気。ポーズ中など集中している時を除けば、周りの人にも声をかけやすい雰囲気ですよ。ヨガ後に交流会があることもあるので、ヨガ仲間を作りたいという人にもぴったりです。

続いて外ヨガにおすすめヨガウェアについて!

3.外ヨガのおすすめウェア

UVカットウェア


野外で行う外ヨガでは、紫外線が気になりますよね。外ヨガでは、日焼け止めを塗ルことも大切ですが、ぜひUVカット機能がついたウェアを着ましょう。キャミソールやTシャツ、レギンス、パーカーなど、UVカット機能がついたヨガウェアがたくさん発売されています。UVカットに加え、吸水機能や速乾機能がついたものを選べば、汗をかいても快適にヨガが行えます。

普段着もできるウェア

外ヨガでは、着替える場所がないことも多いため、ウェアを着たまま会場に向かう必要があります。ブラトップや、背中が大きく開いたウェアで外を歩くのは少し抵抗があるかもしれません。そんな人には、Tシャツやタンクトップなど、普段着ができる露出が少なめのウェアをおすすめします。ボレロやパーカーなど脱ぎ着が楽なウェアを羽織って行けば、会場でさっと脱ぐことができて便利ですよ。

4.外ヨガおすすめアイテム

レジャーシート

外ヨガでは、ヨガラグやヨガマットを地面に直接置くことになります。汚れが気になる人は、ピクニックなどで使うレジャーシートを持って行くことをおすすめします。一人分の大きさがあればいいので、サイズはそこまで大きくなくて大丈夫。むしろ大きすぎると、折りたたんだところが滑りやすくなってしまうので、小さめなものを持って行きましょう。

滑り止め付きヨガタオル


外ヨガでは、荷物はなるべくコンパクトにしておきたいもの。厚みのあるヨガマットはどうしてもかさばってしまいます。ヨガタオルやヨガラグであれば、折りたたんでカバンに入れることができるので、おすすめです。ダイナミックなポーズでも地面をしっかりつかめるよう、滑り止めがついたものを選びましょう。万が一汚れても大丈夫なように、洗濯機で洗えるタイプのものなら完璧です。

5.外ヨガの注意点

気温や湿度が一定に保たれているスタジと違い、野外は環境が刻々と変わっていきます。慣れない環境の変化に気分が悪くなってしまうこともあるかもしれません。そんな時は無理をせずお休みしましょう。野外では地面がデコボコしていたり、硬かったりするため、無理なポーズで体を痛めるリスクも高くなります。自分の体と相談しながらポーズを取りましょう。
日光や風、車の音や人の声など、外ヨガでは、ありとあらゆる刺激にさらされることになります。中には集中力を妨げる不快な刺激もあるかもしれません。でも、イライラしては本末転倒。気持ちを楽にし、ヨガに取り組む心構えが大切です。集中力が途切れてしまったら深呼吸したり、いったんポーズを止めたりすることも大切です。

6.外でも行われるヨガのイベント

神宮ナイトヨガ

神宮ナイトヨガ

http://www.active-icon.com

神宮ナイトヨガは、新宿区の神宮球場で行われる大規模ヨガイベントです。毎年5月から9月の全10回の外ヨガイベントですが、1回のみの参加も可能。毎回変わる人気講師のレッスンを、なんと全て無料で受けることができます。夜のヨガだから、紫外線を気にする必要がないのもうれしいですね。仕事帰りに参加してもよさそうです。

ヨガフェスタ横浜

http://www.yogafest.jp/2017/

ヨガフェスタ横浜は、アジア最大のヨガイベントです。会場は「パークエリア」と「アカデミーエリア」に分かれています。「パークエリア」では、パークヨガと、パドルボートの上で水に浮かびながらヨガをするサップヨガを無料で行うことができます。ヨガ関連のグッズの展示会やステージ鑑賞などもあり、1日中楽しめるイベントです。

沖縄サットサン

http://yogasatsang.jp/

沖縄の大自然の中で外ヨガができるイベントです。ヨガレッスンには無料と有料のものがあります。沖縄サットサンの面白いところは、音楽イベントも並行して行われるということ。DJの流す音楽を聴きながらヨガをするという貴重な体験ができます。会場では沖縄食を楽しめたり、夜には音楽フェスが開かれたりと盛りだくさんのイベント。家族や友人と参加してもいいですね。

パークヨガ

http://www.parkyoga.jp/

日本全国で行われる外ヨガのイベント情報を発信しているウェブサイトです。開催場所や時間、参加費などがひと目で分かるため、外ヨガイベントを探している人にぴったりです。

おわりに

普段と違う環境でヨガができる外ヨガは、初心者にも経験者にもおすすめです。オープンな空間の中でヨガをすれば、いつもよりのびのびと動けるかもしれません。太陽のエネルギーが強いこの季節、外ヨガで元気をチャージしてみませんか。