はじめに

冬はもちろん年間を通して体の「冷え」を感じている女性はとても多いですよね。自分なりの対策をしている方もいらっしゃると思いますが、私は冷え性だからと諦めてしまっている方も多いのでは?そんな放ってしまいがちな体の「冷え」ですが、「冷え」は万病のもとと言われるように、さまざまな病気の根源になると言われています。

「冷え」のメカニズムを理解し、体を動かして「冷え」知らずの体を手に入れましょう。

侮れない冷えの恐ろしさ

なぜ体は「冷え」を感じるのでしょうか?

「冷え」は「体内で熱を作る力が弱いこと」と「血流の悪さ」によって起こります。特に女性は男性に比べ、筋肉量が少ないため熱を作る力が弱く、「冷え」を感じやすい傾向にあります。人間の体は、体温が下がると一番大切な脳や内臓の体温を維持するために、手足や表皮の血管を収縮し血流を低下させ、体内の熱を逃がさないように働きます。より大切な脳や内臓を温めて、手足は後回しになるということですね。この状態が長く続くと、手足に温かい血液が運ばれなくなるため末端の体温が下がって「冷え」を感じます。

つまり「冷え」は、血流の循環が悪い状態が続いてしまうということです。「冷え」自体は病気ではありませんが、我慢しすぎて放っておくと体にさまざまな不調をきたすことがあります。例えば、頭痛、肩こり、腰痛、胃腸の不調、肌荒れ、むくみなどです。

免疫力も下がり様々な症状も

冷えると内臓の働きが低下し免疫力も下がるため、風邪を引きやすくなるうえ、気管支炎、気管支喘息などにもつながることがあります。

その他にも、貧血、糖尿病などの病気のサインである場合や、ガンや心疾患などの根源にも「冷え」があるのではないかと言われています。

生理不順や子宮内膜症、不妊症なども招きかねません。

これから妊娠・出産を望む女性にとっては大きなダメージになりかねません。

ヨガと体温の関係性

では「冷え」はどのようにしたら改善されるのでしょうか。

「冷え」で悩む方は、体の外側から温めることに気を取られがちですが、根本の原因は体の内部にあります。「冷え」解決のカギを握っているのが、代謝を高めることです。代謝を高めることで、体が熱を作る力を上げ、血流を良くし体全体を温めます。食事や入浴方法など代謝を高める方法はさまざまありますが、お勧めはヨガによって代謝を上げる方法です。

ヨガによって代謝を高める

ヨガは筋肉を左右、上下と双方向にゆっくり伸ばし、関節周りの筋肉も軟らかくするポーズを取り入れています。その働きによって体を無理なく鍛えることができ体温を上げる効果があります。普段あまり使われない筋肉を動かし、骨や関節を正しい位置に戻すことで、内臓の機能を上げ血流の動きを良くしてくれます。そうすることで、体の中の働きが促進され代謝が上がり、「冷え」の解消につながっていくのです。またヨガはデトックス効果も期待でき、むくみの原因である水分と老廃物を排出しやすい体に導いていきます。

自律神経を整える

さらに、「冷え」の原因となる血流は自律神経にも関係しており、ヨガは自律神経を整える役割も果たしてくれます。ストレスや過労で自律神経が緊張状態になると、血管が収縮して血液の流れが悪くなり結果として体の冷えを生んでしまいます。ヨガで行われる深い呼吸法には、自律神経のバランスを整え、血流を良くする効果もあるのです。ヨガを行うことで、全身がほぐれ自律神経の働きが整っていく。そして全身の血行が促進され代謝が上がり冷える体質を改善することができるというわけです。

まさに良いこと尽くめの健康法ですね。

体温アップがもたらすさまざまなメリット

体温が上がると冷え性だけでなく、他にも素晴らしい効果があります。ここでは2つのメリットをご紹介しますね。

①基礎代謝が上がる

人間は何もせずにじっとしていても、内臓を動かしたり体温を調整するためにエネルギーを使っています。

その生命を維持するための、必要な最小エネルギー代謝を基礎代謝と呼びます。そして基礎代謝量は人によって差があり、基礎代謝量が高ければ高いほど何もしなくても消費するエネルギーが高いので、痩せやすい体質と言えます。体温が1度違うと基礎代謝量が10~15%も変わると言われていますので、体温を上げることはダイエットにもつながります。

②免疫力が上がる

体温が1度下がると免疫力は30%下がり、体温が1度上げると免疫力は5~6倍にもなると言われています。免疫力を高めると、風邪やインフルエンザといった感染症にかかりにくくなるだけでなく、ガンの予防にも効果があると言われています。

体温が上がると血流が増え血液の流れが良くなることで、血液中のウィルスや細菌を取り除く働きをしている白血球の反応が良くなり、免疫力が上がると考えられています。血流が増えることで供給される酸素の量が増し、細胞に栄養素がしっかり届き、細胞が元気になり体の治癒力が高まるということですね。

もともと人間が備えている細胞の力をフルに発揮できるという訳です。

冷え性に効くポーズ3選

ではここで冷え性に効くポーズを3つご紹介したいと思います。どれもご自宅で簡単に行えますのでぜひお試しくださいね。

まずはウォームアップとして、長座の姿勢になり背筋を伸ばし呼吸に意識を向けていきましょう。心臓に遠いところから体をほぐしていきます。足首を回して足全体の力を抜きゆするようにブラブラ、そして肩の力を抜き、肩甲骨をほぐすイメージで肩を回してリラックスしていきましょう。

ツリーポーズ

木のポーズ

背筋を伸ばし、脚を揃え一本の木のように立ちます。

右足裏を左足の内側につけていきましょう。余裕があれば左足の付け根に、バランスがとりにくければ太ももでもふくらはぎでも大丈夫です。

姿勢が安定したら胸の前で合掌、息を吸いながら両腕を頭の上へ。

その姿勢で5呼吸キープ。

バランスを取ろうと思い、力みがちになってしまいますが、なるべく肩の力を抜いて遠く一点を見つめるように行いましょう。

コブラのポーズ

コブラのポーズ

うつぶせの状態で膝を伸ばし足の甲を床へ。

両手は肩の下に置き、肘が開かないよう脇をしめた状態にしましょう。

息を吸いながら両腕を伸ばし、腰にカーブをつけるように胸を床から持ち上げます。

肩甲骨を寄せるように大きく胸を開くことがポイントです。

その姿勢で5呼吸キープ。

トライアングルのポーズ

三角のポーズ

両足を大きく開いて立ち、左つま先を左へ、右つま先を内側へ向けましょう。

胸を張ったままの状態で、両膝が曲がらないように注意して体を左へ倒します。

左手で左脚の持てるところを持ちましょう。

息を吸いながら右手を天井に向けて高く伸ばします。

背筋の伸びを意識して大きく胸を開くと効果的です。

その姿勢で5呼吸キープ。

おわりに

「冷え」はちょっとした不調と思われがちですが、さまざまな病気を引き起こしかねません。あなたもヨガを通じて長年悩まされていた「冷え」を解消してみてはいかがでしょうか?実際ヨガを行っている際、深い呼吸を始めると手足の末端部分まで酸素がめぐっている感覚を得ることができます。そして体がポカポカと温かくなり、筋肉がほぐれ内臓の位置が整いレッスン後はきっと体が軽くなります。

ぜひあなたもヨガで冷えない体を手に入れてくださいね。