出産後に産前の体型を戻すには出産後6ヶ月が勝負だと言われています。これは出産後半年の間は体が「元の体型に戻そう」と回復させる力が強いためです。産後ヨガはその力をサポートしてくれる大切な味方です。今回はそんな産後のヨガにお勧めのDVDをご紹介させて頂きます。

出産後、いつからヨガはできるの?

ほとんどのママが1ヶ月健診を目安に普通の生活を取り戻すと思いますが、産後2ヶ月もしくは3ヶ月で医師のOKが出てから体型戻しの運動を始めましょう。帝王切開で出産した場合は、特に注意をしてください。無理は禁物です。

産後のヨガがお勧めな理由

産後は体の変化と同様に心にも様々な変化をもたらします。特に産後の2ヶ月~6ヶ月は産後鬱のピークを迎える人が多く、精神的にも不安定になります。寝不足や育児の疲れや孤独感や将来への不安などを感じやすくなります。ヨガにはシェイプアップ効果の他に心を安定させ、元気になる効果があります。産後のヨガがお勧めなのは心身が回復をサポートしてそれによって本来の自分を取り戻すことができるからです。

*参考 産後の落込みの原因

1位 家事・育児の疲れ
2位 夫への不満・怒り・言動
3位 何となく
4位 社会から取り残されていると感じる
5位 赤ちゃんの成長や病気の心配
6位 赤ちゃんと2人きりの生活がつらい
7位 母親としての自信がない

 

お勧めのヨガDVD

産後にお勧めのDVDのご紹介をさせて頂きます。産後だけではなくそれ以降も使えるものを集めてみました。

1.ヨガで丸ごと健康美人になる Yogini編集部 88分

ヨガ初心者にもお勧めです。パーツごとの具体的なプログラムがたくさん収録されています。産前のボディラインを取戻し、健康的な美人になりたい方向きです。「美しいボディラインを手に入れるためのポーズ」「健康的に痩せるためのポーズ」「内臓脂肪を燃やす火の呼吸のポーズ」と大きく3つのカテゴリーに分かれています。呼吸の方法も丁寧に教えてくれます。

クチコミ

内容でこの値段なら後悔はしない
体が硬くてあまり体力のない私には結構大変なポーズもあり、やっていて「効きそう〜」と感じる
出典:Amazon

2.ヨガ大辞典 BS日本 169分

BS日テレで放送された人気番組をDVD化したものです。「伸ばす」「立つ」「ねじる」「後屈」「前屈」の5つのテーマに分かれており、それぞれのポーズを丁寧に解説してくれます。動作のポイントや効能、ヨガの歴史や呼吸、ポーズの由来などをも収録されています。ポージングの取り方やヨガの知識を深めたい方にお勧めです。産後以外でも使えるDVD。

クチコミ

さすがテレビ局が作ったDVDですよね!
出演している人も一流だし、何よりもすごくわかりやすい!
今まで、いろんなヨガのDVDを参考にしてきましたが、これなら分かりやすくて続けられそう
出典:Amazon

 

3.友永式産後ヨーガ Mama and BabyYoga 産後の体を整えて、きれいなスタイルになるために

超初心者の方や産後の間もない方にお勧めのDVDです。丁寧な解説がついていて赤ちゃんを抱っこしたままでもできるポーズやベビーマッサージのコーナーもあります。育児疲れを取るにはとても良いDVDになっています。授乳中の腰痛や肩こりにも最適です。

クチコミ

どちらかというと少しヨガに慣れた方向きのレッスンです。ハードなところもあったりするのでマタニティーヨガが物足りないと感じている人にはいいと思います。安産に必要な体作りにはもってこいポーズが多くとても体が鍛えられた感がありました。
出典:Amazon

 

 

4.綿本彰プロデュースWatamotoYogaStudio 骨盤ヨガ・ダイエット 152分

初心者でも安心して行えるDVDです。骨盤を重点的に締めるヨガポーズが収録されています。コースも20分、40分、60分と分かれている忙しい日や時間に余裕のある日などによってコースを使い分けることができます。

クチコミ

教室に通うということができにくい、わたしたち地方に住む者にとっては、このようなDVDがとても貴重な教材となるわけですが、今回も全く期待を裏切らない、じつに洗練された、比較的シンプルな内容でありながら、実はとても中身の濃い、充実した内容でした。わたしのような自宅でDVDを見ながらというやりかたの場合、どこかで自己流になっていたり、解釈を間違っていたりということが起こりやすく、常に慎重にならなければいけないわけですが、基本てきに綿本氏の解説はとても詳しくてわかりやすく、自宅派に生じやすいストレスや不安を可能な限り解消してくれる、一切の妥協のない信用できるもの
出典:Amazon

続いて注意点などのご紹介です!

DVDなどでお家ヨガを行う場合の注意点

ヨガをする際に、大事なことは「安全」に行うことです。
様々なポーズを行いますが安全かつ効果的にヨガを楽しむためには下記を意識すると良いです。

体調が優れないとき中止しましょう

健康のためにヨガを行うと思いますが、体調の悪い時に運動を行うことはおすすめできません。身体に休息を与えてあげましょう。

水分補給を忘れない

少量の水分をこまめに摂ると全身のめぐりが良くなる効果があります。あまり大量に飲むと内臓も圧迫しますしポーズをとりにくくなります。
適度な料を心がけましょう。

呼吸を止めない(呼吸法の意識

深い呼吸を行うことで身体も硬直せず心もリラックスし、より効果的なヨガを行うことができます。怪我のリスクも高まるので呼吸を深めながら取り組みましょう。

無理にポーズを取らないようにしましょう

ヨガには様々なポーズがあります。柔軟性と筋力が準備され備わっている状態でこそできるものです。身体の環境が整っていないところに、無理なポーズが入ってくると怪我の原因となります。ポーズの最中、呼吸が止まったりしてしまう場合は「無理」している状態の可能性があります。そんなときは自分の体を感じてみてください。
安全に行うことが最も大切です。

産後はとってもデリケートな時期です

産後は慣れない育児や寝不足、ホルモンの激変などで心も体もまだまだ本調子ではありません。あるデータによると100人中70人近いママが産後に気分が落ち込む傾向にあると言います。特に頑張りすぎてしまうママは燃え尽きて産後うつになりやすいそうです。体型戻しも大切ですが何よりも休息を取ることが大切です。

まとめ

いかがでしたか?ヨガは産後の体型戻しには効果的ですがさらにDVDや動画のエッセンスを加えて正しく、無理なく行い子育や、産後ライフ、自分との向き合いを楽しんでみてはいかがでしょうか。